AS3 de AJINOMOTO

どうも。
ミシンを買うか、FlexBilder 買うか悩む今日この頃です。

でも、実は Bilder 買ってもコンポーネンツに頼るというか
結局素材は自分で作るし、FLASHより当て込むの面倒だし、ミシンほしいし…
なんか必要なところだけブロックみたいに、モジュールに出来ないかなー
って思ったので、ちょっとやってみました。

http://tenmaru.net/YASU/tools/Camera2JPG/
* いろんなサイト見てたので、どっからもとのスクリプト持ってきたのか忘れてしまいました…

今回は、キャプチャ画像をサバに保存するモジュールをつくりました。
ほんとは、音の波形データ欲しかったのだけども、とりあえず仕事で
ピンとおもしろいことに結びついたのでこっちを先につくってみました。

ちょっと説明すると、
同一ドメイン上に、このモジュールと自分のswfを置き
自分のFLASHから
#
# conn = new localConnection();
# conn.send( “コネクション名”, “呼び出したいパブリックメソッド名”, パタメータ );
#
として、モジュールにデータなりメッセージを送って操作する仕様です。

もちろん、データを返してもらうのもありだし、
php なんかを通してもいいでしょう。

ほんとは、FLASH CS3 があればこんなことしなくてもいいんだけど、僕らがほしいものって、ちょっとがんばればなんとでもなる範囲でしかないかもしれません。

特に、僕らはガッツリアプリを作りたいというより、えんぴつがシャーペンになった程度の恩恵が受けられればいいもの創れます。それがいちばん楽しいところですよね。

とかいいつつこんなものUPしてクソヤロウ!と思われるかもしれませんが、せっかくなのでなんかおもしろいことに使ってください。

なにか思いついた方、その旨をキャプチャして保存しといてください。
いっしょに遊びましょう。

ではー

タグ: , , , , , , , ,

コメント / トラックバック2件

  1. こばし より:

    おれのPowerBookウェブカメラだと
    反応しない。。

  2. yas より:

    今日出先でも MacBook PRO 触ったんだけど、FLASHプレーヤーのカメラがちゃんと選ばれてないと映らないよ。

    右クリックで「設定」からカメラタブを選んで、適切なカメラを選択、ってやってみてください。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。