‘作品’ タグのついている投稿

笛吹きやかん:ALESSI “9091″

2008年5月9日 金曜日


トイレに「エモーショナル・デザイン」なる本があったのでペラペラと。で、ちょっとメモ的にブログに残そうと思って画像を探していたら、同じ本をちょっとかいつまんでくれているのがあったので:コレ
ちなみにタイトルのやかんはこれ

でなんでやかん?というと、その音が気になったからです。
上記の本には、そのやかんと、セグウェイのギアボックスの話しが出ているんですが、どんな音か想像している間にいろいろと考えてしまったので。

丸みがあって、鋭い音って、低レベルな電子部品環境だけでは絶対できなくないですか?

電子部品から作る音っていうのは、どうにも耳障りなんです。オルゴールICなんて使えたもんじゃないです。どうしても、スピーカーのボックスの素材にこだわったりしないとできなくないでしょうか。

こんな環境にいると特にそうなんですが、音はサンプリングされたものが届いて、うちの環境で再現されて耳に届く訳ですが、どうしてもチリチリだかシャリシャリした感じがでます。
# FLASHで音使っていて、ビルドに失敗するかなんかすると
# すっげーいやな音を発するんですが、わかんないですよね…

—-

最近やっとまたPICさわり始めましたが、Webつくっているときとおんなじで、おもしろい仕組みが人間の感覚に届く迄には、音にしたり絵にしたり言葉(は音だけどとりあえず別枠で)にしたりと、かっこ良かったり心地よいものだったりなんだりが必須だと思っています。

僕の作品は、

INPUT:
視覚的にもマテリアル(砂)を使って、触覚まで使いたくなるもの
OUTPUT:
音(とりあえずオルゴール的な)

を使ってコミュニケーション取っている訳ですが

そっち(PC等にサンプリングされた音)でいくか
もうPICは神経系として使って、OUTPUTも何かをたたいて音を出すようにするか悶々鬱々なんです。すっごい遠くから、どこからともなく、風に流されて、やわらかい、でもするどい、かすかな音色が… というのがほしいだけなんです。

音の話でないようでありそうで。

まとまりませんでしたが、電子と音楽とデザインと中とパンパな立ち位置で不安定にものを考えた結果です。
なんとなく理解してください、