‘html & css’ カテゴリーのアーカイブ

多摩美術大学 彫刻学科Web リニューアル

2008年4月12日 土曜日

昨年末から始まったリニューアルが先日ついにOPENを迎えました。

URI : http://www.tamabi.ac.jp/choukoku/

特筆すべきこれ、っていうのはないですが、
ちょこちょこと、javascriptで味付けしました。

ただ、やっぱり写真がきれいだと、lightboxとかも栄えます。
それに、写真だけども作品がおもしろいので、その辺が分かるといいなーと。

タマビを歩いてたりすると、彫刻の作品て、場に違和感を与えると思っていて、
どーんとあったりするのに、見慣れると空気みたいになって、でもあるとき
よくよく考えたらやっぱりなんだろうと思ったりします。

まー、今回は人より、もの重視でした。
展示室のだれもいないところに作品が並んでいるような、そんな場が伝われば幸いです。

スクロールキャプチャ

2008年2月4日 月曜日

スクロールしないと全体を見ることができないWebページ。
要するにスクロールバーが必要なページのことなんだけど、
こういうページを一枚の画像としてキャプチャすることを
「スクロールキャプチャ」っていうらしい。

今までは、いちいちスクロールさせて2枚3枚キャプチャして、
Psとかで加工していたわけだ。

あまりにめんどくさいのでその手のソフトを探してみました。
パラパラと見つかった中では、Firefox用のアドオン(機能拡張)でしか
見つからなかったんだけど、フリーだしキャプチャ出来るし十分。

Pearl Crescent Page Server Basic
 pro版($15.00)もあるけど、どれだけグレーダーかは確認してません。
 ちなみに、このBasicだとウィンドウ枠までは画像になりません。枠内だけです。

Screengrab! 0.93
 こっちもウィンドウ枠までは画像になりません。枠内だけです。
 ただこちらのソフトだと、枠内の欲しい部分だけをキャプチャすることもできます。

どっちも右クリック(「control」+ クリック)で使えます。
ちょー長い画像とか出来ます。
枠ごとキャプチャしてくれるといいのにな。素材として使いやすくない?

お試せー
 
 
※追記
 どちらともflashコンテンツが映りませんでした。
 ページ内でflashコンテンツ部分が入ったレイヤーを消してしまった感じで。
 たぶん、インタラクティブコンテンツ系(>OBJECT<タグ系)は消えてしまうのではないかな
 
 
 

 
 

cookie の取扱い

2008年1月21日 月曜日

http://d.hatena.ne.jp/totttte/
ここから拝借。解析はかなりてきとー、らしいです。

__utma と __utmz ってのが気になって調べてたらり。
他に1日の時間が10万秒だったらとかってプログラムがありました。ちょっと懐かしい気分。万化時計ってのが昔ありました。

以下転載
==================================================
#パケット上の流れ

HTTPの場合、ヘッダorJavaScriptでクッキー情報をブラウザに送信している。

Header版
————————————————————–
Date:Wed, 22 Aug 2007 03:02:48 GMT
Server:Apache
X-Powered-By:PHP/5.2.0
Content-type: text/html
Set-Cookie: test=hoge; Tue, 31-Dec-2030 23:59:59;
————————————————————–
こんな感じで流れてる。

Set-Cookie:の中身は、test 必須。値を設定する
あと任意で有効期限、ドメイン、パスなどの情報を一行に設定したり。

パス設定はしっかりしないと、全てのサイトにクッキー送信とかしかねないので注意。

JavaScript版
————————————————————–
document.cookie = “〜”;
————————————————————–
詳細はとほほのCookie入門に。

ブラウザから送信する時
cookie: 〜〜
と送信している。

なお、クッキーの複数回に分けて送ってもОK。
————————————————————–
cookie: __utma=2340905.23543656.4567657.123424.12
cookie: __utmb=2340905
cookie: __utmz=1323245
————————————————————–
とかって。


#__utm.jsについて

クッキーを除くとよくよく見かける__utmaや__utmzなど。
これは何?というと”Urchin UTM”っていうアクセス解析みたいなもの。
軽い&Googleが作ってるので、よくよく使われているらしい。

軽く解析した感じではこんな感じ。

__utma: 主に履歴。
————————————————————–
__utma=8292653.2140186777.1187744420.1187744422.1187744424.100
————————————————————–

8292653・・・ドメインのHash(ちなみにこれはニコニコ動画)
2140186777・・・ちょいとわからん
1187744420〜1187744424・・・アクセスした時間。一番右のが今回のセッション繋いだ時間。一つ左が前回の時間、更に一つ左がその前の時間。ちなみに(1970年からのミリ秒/1000)。
100・・・同じブラウザから何回セッション接続したか。(クッキーを消すと1からスタートする)
__utmb=8292653
__utmc=8292653

なぜか、a,b,c共に最初同じのがあるのがほとんど。

———————————————————————-
__utmz=8292653.1187744424.40.5.utmccn=(direct)|utmcsr=(direct)|utmcmd=(none)
———————————————————————-
8292653・・・同じくサイトのハッシュ。ちなみにwww.はあってもハッシュ計算ではカットされるので
www.があってもなくても同じになる。
1187744424・・・セッションに接続した時の時間。
40・・・セッションにつないだ回数・・・かな?
5・・・・ちょっとわかんね
その他・・・主に何の検索ワードから来たか、などが入っていたり。あとは設定。